ABOUT

開催概要

未来を担う美術家たち
20th DOMANI・明日展
文化庁新進芸術家海外研修制度の成果

会期 2018年1月13日(土)~2018年3月4日(日)
開館時間 10:00~18:00、毎週金曜日・土曜日は20:00まで
(入場は閉館の30分前まで)
休館日 毎週火曜日
会場 国立新美術館 企画展示室 2E
主催 文化庁、国立新美術館
協力 日本航空
制作 アート・ベンチャー・オフィス ショウ
観覧料
(税込)
一般 1,000円(800円)
大学生 500円(300円)
  • ※( )内は前売および20名以上の団体料金。
  • ※高校生、18 歳未満の方(学生証または年齢のわかるものが必要)および障害者手帳をお持ちの方(付添の方1名含む)は入場無料。
  • ※団体券は国立新美術館でのみ販売。(団体料金の適用は20名以上)
  • ※前売券は、オンラインチケット(手数料無料)ローソンチケット(Lコード:34889)イープラスでお求めください。(2017年11月15日(水)から2018年1月12日(金)まで販売。以降は当日券を取り扱っております。チケットの購入には手数料がかかる場合があります。)
  • ※国立新美術館で開催中の他の企画展および公募展のチケット、またはサントリー美術館、森美術館(あとろ割対象)で開催中の展覧会チケット(半券可)を提示された方は団体料金でご覧いただけます。
問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
プレスリリース
PDF

DOMANI・明日展とは

文化庁は、将来の日本の芸術界を支える人材の育成のため、若手芸術家が海外の大学や関係機関等で行う研修を支援する「新進芸術家海外研修制度(旧・芸術家在外研修)」を1967年度から実施しており、今年で半世紀を迎えます。
また、本研修の成果発表の機会として1998年から「DOMANI・明日展」を開始し、今年度で第20回目となります。この、国立新美術館を会場とした、天井高に恵まれた空間での大規模なグループ展に加えて、より小さな規模でキュレイションの度合いを高めた企画「DOMANI・明日展 PLUS」を2015年より別途立ち上げました。
ふたつの企画は、文化庁の新進作家の育成プログラムの第二段階――第一段階として海外研修制度で送り出した人材を、日本のアートシーンにプレゼンする機会になることを目指しています。
第20回のDOMANI・明日展は「寄留者(パサジェ)の記憶 (memories of “passagers”)」をサブタイトルに、国立新美術館の豊かな空間を生かし、研修を終えて比較的時間の浅いフレッシュな人材たちのショウケースとなるよう、作家のラインナップを組みました。研修後も海外ベースでの活動を続ける4作家も含め、自らの生活圏を離れて、「寄留者」=一時的な滞在者となった経験が浮かび上がるはずです。制度50年と第20回目を記念した特別展示やイベントなども併せて行います。