大田黒衣美 sun bath 2019
OTAGURO Emi sun bath 2019
English follows Japanese
文化庁は、将来の日本の芸術界を支える人材の育成のため、若手芸術家が海外の関係機関等で行う研修を支援する「新進芸術家海外研修制度(旧・芸術家在外研修)」を1967年度から実施しており、すでに半世紀を経過しました。美術分野では、そうした研修の成果発表の機会として1998年から「DOMANI・明日展」を開始し、今年度で第23回目を迎えます。

今回は、春先から新型コロナ感染症の拡大と深い文化的な中断を経て、開催までに多くのハードルがありました。しかし、こうした状況だからこそ、若手中堅作家を支援する仕組みを持続するべく、この夏、オンラインで初開催した「DOMANI・明日展plus online 2020」に続き、国立新美術館での展示にたちもどります。

本展では、過去10年間に各国で研修を経験した新進作家から、大田黒衣美、利部志穂、笹川治子、髙木大地、新里明士、春木麻衣子、山本篤に加え、より以前に研修を経て最前線で活躍する竹村京・鬼頭健吾、袴田京太朗が参加し、2020年代を迎えた日本のアクチュアル、かつ国際的にひらかれた表現を浮かび上がらせます。

今回のサブタイトルを「スペースが生まれる」としました。東日本大震災から10年を目前に、いまだ記憶に深い被災によって生じた空間/景観の余白と、コロナ禍のstay homeで体験した時間的余白を経て、改めて何が本当に大事なのかを考え直し、次代への扉をひらく時期を迎えているとの願いを込めました。本展がそうした扉との、また、新しい才能との出会いの場になることを願っております。

対面イベントは基本的に取りやめ、オンラインで作家のインタビュー映像や展示風景を配信していきます。
2021年1月

開催概要

会期
2021年1月30日(土)~ 3月7日(日)32日間開催
休館日
毎週火曜日(ただし2月23日(火・祝)は開館、24日(水)は休館)
開館時間
午前10時~午後6時
※入場は閉館の30分前まで
※当面の間、夜間開館は行いません
会場
国立新美術館 企画展示室2E
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
主催
文化庁、国立新美術館
協力
日本航空、資生堂、フォトグラファーズ・ラボラトリー、フレームマン、堀内カラー、TARO NASU、
KAYOKOYUKI
キュレーション
林 洋子(文化庁芸術文化調査官)
制作
アート・ベンチャー・オフィス ショウ
観覧料(税込)
一般 1,000円(800円)、大学生 500円(300円)
※( )内は前売料金
※高校生、18歳未満の方(学生証または年齢のわかるものが必要)は入場無料
※障害者手帳をご持参の方(付添の方1 名含む)は入場無料
※前売券は、展覧会ホームページ、ローソンチケット(Lコード:34368) 、イープラスでお求めください。(2021年1月4日(月)から1月29日(金)までの販売。以降は当日券のみの取扱い。手数料がかかる場合があります)国立新美術館での前売券の販売はありません。
※新型コロナウイルスの感染予防・拡散防止のため、本展では団体券の販売をしないことといたしました。
※会期中に国立新美術館で同時開催中の展覧会および公募展のチケット、またはサントリー美術館(あとろ割対象)で開催中の展覧会チケット(半券可)を提示された方は当日料金の200円引きでご覧いただけます。
お問合せ
03-5777-8600(ハローダイヤル)
出品作家
大田黒 衣美 1980年生 現代美術【2018年(1年研修)・ドイツ(ベルリン)】
利部 志穂  1981年生 現代美術、彫刻【2016年(2年研修)・イタリア(ミラノ)】
笹川 治子  1983年生 現代美術【2019年(短期研修)・ドイツ(ライプツィヒ、ドレスデン、ベルリン、デュッセルドルフ)】
髙木 大地  1982年生 絵画【2018年(1年研修)・オランダ(ハールレム)】
新里 明士  1977年生 陶芸【2011年(1年研修)・アメリカ(ボストン)】
春木 麻衣子 1974年生 現代美術、写真【2017年(1年研修)・フランス(パリ)】
山本 篤   1980年生 現代美術、映像【2018年(1年研修)・ベトナム(フエ)】

竹村 京・鬼頭 健吾
       1975年生 現代美術【2004年(3年研修)・ドイツ(ベルリン)】・
       1977年生 現代美術【2009年(2年研修)・ドイツ(ベルリン)】
袴田 京太朗 1963年生 彫刻【1994年(1年研修)・アメリカ(フィラデルフィア)】
*【】は文化庁新進芸術家海外研修歴

“DOMANI: The Art of Tomorrow” Exhibition 2021

Contemporary Japanese Artists from the Overseas Study Program of the Agency for Cultural Affairs

Preparations are now underway for the twenty-third of the “DOMANI: The Art of Tomorrow" exhibitions held at the beginning of each year at the National Art Center, Tokyo, this staging scheduled for January 30–March 7, 2021. We expect the pandemic that began early in the year, and serious disruption to the cultural scene that followed, to present numerous obstacles before then, but it is these very circumstances that prompted the Agency for Cultural Affairs to stage its first online exhibition, the popular “DOMANI plus Online 2020,” this summer past, to demonstrate its continued support for emerging and mid-career artists, and its commitment to returning to the real-life display of art at The National Art Center, Tokyo.
This year's exhibition—featuring seven promising newcomers with overseas study program experience over the past ten years, plus earlier program participants and now Japanese art scene frontrunners Kito Kengo, Takemura Kei, and Hakamata Kyotaro—will showcase Japanese contemporary art expression in all its real, globally-attuned rawness as we head into the 2020s. The subtitle is "Creating Space," chosen in the hope that almost ten years on from the Tohoku earthquake and tsunami, the spaces/blanks in the landscape created by a disaster still very fresh in our minds, and the time blank experienced during COVID-19 lockdowns, have encouraged us to reconsider what it truly important, and opened the door to a new era.
The Agency for Cultural Affairs is proud to present what is sure to be an extremely thoughtful, and thought-provoking, exhibition showing what can develop when artists with careers predicated on ease of international movement and display, find themselves in an art scene deprived of air for far too long.
October 2020

Exhibition overview

Date
Saturday, January 30 – Sunday, March 7, 2021
Closed
Tuesdays
*Open on Tuesday, February 23 and closed on Wednesday, February 24 instead
Opening hours
10:00-18:00
*Last admission 30 minutes before closing
*No extended hours until further notice
Venue
The National Art Center, Tokyo, Special Exhibition Gallery 2E
7-22-2 Roppongi, Minato-ku, Tokyo 106-8558
Organized by
Agency for Cultural Affairs, The National Art Center, Tokyo
In cooperation of
JAPAN AIRLINES, SHISEIDO CO., LTD., Photographers' Laboratory, Frameman Co., Ltd., HORIUCHI COLOR LTD., TARO NASU, KAYOKOYUKI
Curator
Hayashi Yoko (Senior researcher/curator, Agency for Cultural Affairs, Japan)
Production
Art Venture Office SHOU
Admission
General 1,000yen (Adults), 500yen (College students)
Advance 800 yen (Adults), 300 yen (College students)
*All students: Please present some form of valid student ID. Those up to highschool and less than 18 years of age will be free of admission fee upon presenting a valid form of ID.
*Disabled persons (plus one accompanied person) will be free of admission fee upon presenting Disabled Person's Handbook or an equivalent form of government-issued ID.
*Tickets both Advance and General are available through the exhibition website (ONLINE TICKETS), Lawson Ticket (L-code:34368), eplus. Service charges may apply. Advance tickets on sale from January 4 (Mon.) until January 29 (Fri.), 2021. Advance tickets not on sale at the National Art Center, Tokyo.
*It has been decided that Group Tickets will not be sold for this exhibition.
*Reduction (200 yen off) applies to visitors who present the ticket stub of a concurrent exhibition at The National Art Center, Tokyo; or Suntory Museum of Art (Art Triangle Roppongi).
Inquiries
+81 (0) 3-5777-8600
Artists
(format category of the work, year selected for the Program, length of study, city follow year of birth)
Otaguro Emi (b. 1980 / contemporary art, 2018, 1 yr., Berlin, Germany)
Kagabu Shiho (b. 1981 / contemporary art, sculpture, 2016, .2 yrs., Milan, Italy)
Sasakawa Haruko (b. 1983 / contemporary art, 2019, short term, Leipzig, Dresden, Berlin, Germany)
Takagi Daichi (b.1982 / painting, 2018, 1 yr., Haarlem, Netherlands)
Niisato Akio (b. 1977 / ceramic art, 2011, 1 yr., Boston, USA)
Haruki Maiko (b. 1974 / contemporary art, photograph, 2017, 1 yr., Paris, France)
Yamamoto Atsushi (b. 1980 / contemporary art, video, 2018, 1 yr., Hue, Vietnam)

Takemura Kei ・ Kito Kengo
       (b. 1977 / contemporary art, 2004, 3 yrs., Berlin, Germany) ・
       (b. 1975 / contemporary art, 2009, 2 yrs., Berlin, Germany)
Hakamata Kyotaro (b. 1963 / sculpture, 1994, 1yr., Philadelphia, USA)