English follows Japanese
「and DOMANI」は、この度スタートする新しい枠組。各文化施設の企画にDOMANI展がコラボレーションしていきます。
展覧会名、会期等は2021年10月29日段階の暫定的な情報で、今後、コロナ禍等の進展状況によっては変更の可能性があります。
最新情報は当ホームページで紹介してまいります。

「どこかで?ゲンビ」 and DOMANI @広島「村上友重+黒田大スケ in 広島城・二の丸」
(広島市現代美術館 館外展開プロジェクト「どこかで?ゲンビ」関連プログラム)

広島城・二の丸外観
広島市現代美術館が休館中に展開するプロジェクト「どこかで?ゲンビ」の一環として、写真と彫刻というジャンルの異なる2作家による、広島市内を中心としたリサーチや人々との交流を通した制作を紹介します。会場は、被爆時に焼失し、1991年に復元完成された広島城・二の丸です。幅広い写真技術を活用する村上友重は、レクチャーやワークショップ、参加者との協働を交えた「広島の光の採集」とも言うべき活動を構想し、野外彫刻に関する映像作品を近年手がける黒田大スケは、広島の平和記念公園周辺などに設置される彫刻を題材とした作品に取り組みます。
会期
2022年1月8日(土)~2月13日(日) 会期中無休
開館時間
9時~16時半(入場は16時まで)
会場
広島城・二の丸
主催
広島市現代美術館、文化庁、広島城
入場無料
 

村上 友重
MURAKAMI Tomoe

写真、2018年度(1年研修) オランダ/アムステルダム
参考作品:《Treatise on Light_NL7265》 2019年(撮影) 
©Tomoe Murakami
1980年、千葉県生まれ。早稲田大学第一文学部総合人文学科文芸専修卒業。東京藝術大学での勤務を経て、ノーザンブリア大学(イギリス)に在学。現在、広島県を拠点に活動。
季節や時間帯によって移ろう光、温度や湿度で変わる空気など、見ているはずなのに見えない、不確かなものを風景のなかで捉え、写真作品として発表。近年は特に光への関心を深め、観察や分析といった行為も含めた作品の制作を試みる。

「DOMANI・明日展」初参加
主な近年の展覧会に、「絵画のなかの風景」なかた美術館, 広島 (2020)、「VOCA展」上野の森美術館, 東京(2016)、「《写真》見えるもの 見えないもの #2」東京藝術大学陳列館, 東京(2015)、「CONTEMPLATION : Emerging Female Photographers from Japan」Texas Woman’s University Gallery, テキサス、アメリカ(2013)など。
主な受賞歴に、「Foam Talent」オランダ(2012)など。
作家HP

黒田 大スケ
KURODA Daisuke

彫刻、2018年度(1年研修) アメリカ/フォートワース
参考作品:《三つのカゲ、彼の罪》 2021年
1982年、京都府生まれ。広島市立大学大学院博士後期課程修了。彫刻家、橋本平八の研究で博士号取得。作品制作の他に展覧会の企画運営もてがける。アーティスト・コレクティブ「チームやめよう」主宰。現在、関西を拠点に活動。
彫刻に関するリサーチを基に、近代以降の彫刻家やその制作行為をモチーフとしたパフォーマンス的要素の強い映像を制作、シリーズとして展開している。

「DOMANI・明日展」初参加
主な近年の展覧会に、「対馬アートファンタジア2020-21」対馬市, 長崎(2021)、個展「祝祭の気配」トーキョーアーツアンドスペースレジデンシー, 東京(2021)、「未然のライシテ、どげざの目線」京都芸術センター(2021)、個展「不在の彫刻史2」3331 Arts Chiyoda, 東京(2019)、「瀬戸内国際芸術祭2016」小豆島旧三都小学校, 香川(2016)など。
作家HP

“and DOMANI” is a new initiative in which DOMANI exhibitions will work collaboratively with exhibitions and programs specific to different cultural institutions.
Exhibition titles, dates etc. are provisional as of October 29, 2021, and subject to change due to developments in the pandemic situation. Up-to-date information will be posted on this website.

“Dokokade? Genbi” and DOMANI @ Hiroshima “Murakami Tomoe + Kuroda Daisuke”
(Part of the Hiroshima City Museum of Contemporary Art’s “Dokokade? Genbi” off-site program)

Hiroshima Castle,Ninomaru,
exterior view
A pair of practitioners in the respective genres of photography and sculpture will present work emerging from research and interaction with people mainly in the city of Hiroshima, as part of the “Dokokade? Genbi” series of projects undertaken while the Hiroshima City Museum of Contemporary Art is closed for renovations. The venue will be the Ninomaru outer citadel of Hiroshima Castle, destroyed by the atomic bomb and rebuilt in 1991. A photographer of impressive technical versatility, Murakami Tomoe has come up with an idea that could best be described as harvesting the light of Hiroshima, blending in lectures, workshops, and collaborations with their participants; while sculptor and video artist Kuroda Daisuke, whose recent offerings include videos on outdoor sculptures, will create a work featuring the sculptures installed in and around Hiroshima’s Peace Memorial Park.
January 8 (Sa)–February 13 (Su) 2022 open daily
Hours: 9:00–16:30 (last entry 16:00)
Venue: Hiroshima Castle, Ninomaru
Organized by Hiroshima City Museum of Contemporary Art,
the Agency for Cultural Affairs, Hiroshima Castle
Admission free

Artists:
MURAKAMI Tomoe (b. 1980 / photograph, 2018, 1 yr., Amsterdam, Nederlands) website
KURODA Daisuke (b. 1982 / sculpture, 2018, 1 yr., Fort Worth, USA) website
(format category of the work, year selected for the Program, length of study, city follow year of birth)