English follows Japanese
「and DOMANI」は、この度スタートする新しい枠組。各文化施設の企画にDOMANI展がコラボレーションしていきます。
展覧会名、会期等は2021年10月29日段階の暫定的な情報で、今後、コロナ禍等の進展状況によっては変更の可能性があります。
最新情報は当ホームページで紹介してまいります。

蓮沼昌宏ワークショップ「つくろう! クルクルアニメーション」 and DOMANI @水戸

水戸芸術館外観
撮影:田澤 純
写真提供:水戸芸術館
19世紀後半に考案されたキノーラというフリップ・ブックの原理で絵が動く装置を用いてアニメーションを制作する蓮沼昌宏を講師に招き、アニメーションの原理について学び、体験するワークショップを行います。制作と展覧会の鑑賞を通じてアニメーションの構造を理解するとともに、参加者自らがその方法で描いた絵がアニメーションとして動きだすまでの過程を体験します。完成した作品は、水戸芸術館での上映会にて発表する予定です。
ワークショップ
 
会期・会場
2021年12月3日(金)、6日(月)、7日(火)
水戸市内の中学校
※参加募集はしていません。

2021年12月4日(土)
水戸芸術館現代美術ギャラリー内ワークショップ室
詳細、お申込みはこちらから
主催
文化庁、公益財団法人水戸市芸術振興財団
上映会
 
会期
2022年1月8日(土)~16日(日) 月曜日休館
※ただし1月10日(月・祝)は開館、1月11日(火)休館
開館時間
10時~18時(入場は17時30分まで)
会場
水戸芸術館現代美術ギャラリー内ワークショップ室
主催
文化庁、公益財団法人水戸市芸術振興財団
入場料
無料
※ただし、佐藤雅晴展入場券が必要です。

蓮沼 昌宏
HASUNUMA Masahiro

現代美術、2016年度(1年研修) ドイツ/フランクフルト
参考作品:《豊島》 2018年
撮影:椎木静寧
1981年、東京都生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程芸術学専攻修了。現在、長野県を拠点に活動。
絵画、キノーラ(映画以前の動画技法)の手法を用いて制作。テーマに「新しい昔話」「鳩とのフィールドワーク」などがある。記録写真家として川俣正、PortB などのプロジェクト型作品を撮影している。

〈DOMANI・明日展参加歴〉
「21st DOMANI・明日展」国立新美術館, 東京(2019)、「DOMANI・明日展 PLUS×日比谷図書文化館 Artists meet Books 本という樹、図書館という森」千代田区立日比谷図書文化館, 東京(2017)。

主な近年の展覧会に、「奥能登国際芸術祭2020+」石川(2021)、個展「特別的にできない、ファンタジー」神戸アートビレッジセンター(2021)、個展「物語の、準備に、備える」富山県美術館(2020)、「瀬戸内国際芸術祭」香川、岡山(2016)、「大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ」新潟(2015)など。
作家HP

“and DOMANI” is a new initiative in which DOMANI exhibitions will work collaboratively with exhibitions and programs specific to different cultural institutions.
Exhibition titles, dates etc. are provisional as of October 29, 2021, and subject to change due to developments in the pandemic situation. Up-to-date information will be posted on this website.

Hasunuma Masahiro workshop “Craft a Cool Revolving Cartoon!” and DOMANI @ Mito

Art Tower Mito,
exterior view
Photo:Tazawa Jun
Courtesy of the Art Tower Mito
Join guest instructor Hasunuma Masahiro, who makes animations using a late 19th-century device known as a Kinora, with pictures that move in the manner of a flipbook, in a special workshop offering the chance to learn and gain hands-on experience of animation principles. As well as gaining an understanding of the structure of animation via its production, and viewing of the Sato Masaharu exhibition, participants will use the techniques acquired to draw their own pictures and set them in motion. Completed animations will be presented at a special screening at Art Tower Mito.
Workshop
December 3 (Fr), 6 (Mo) and 7 (Tu), 2021
at a junior high school in Mito
*not open to the public

December 4 (Sa), 2021
Workshop Room, Contemporary Art Gallery, Art Tower Mito

Screenings
January 8 (Sa)– 16 (Su) 2022
Museum closed Tuesday, January 11
Hours: 10:00–18:30 (last entry 17:30)
Venue: Workshop Room, Contemporary Art Gallery, Art Tower Mito

Organized by the Agency for Cultural Affairs, Mito Arts Foundation
Admission free (with a ticket to “Sato Masaharu: Trace – Absence of Presence / Presence of Absence”

Artists: HASUNUMA Masahiro (b. 1981 / contemporary art, 2016, 1 yr., Frankfurt, Germany) website
(format category of the work, year selected for the Program, length of study, city follow year of birth)