Artists
出品作家

Sunrise Surfer /逃げ道、目印、道しるべ 2015
撮影:若林 勇人(参考作品)
Sunrise Surfer / Escapeways, Waymarks, Guideposts 2015
Photo: WAKABAYASHI Hayato (Reference)
利部 志穂
現代美術、彫刻
2016年度(2年間)・イタリア/ミラノ
1981年、神奈川県生まれ。多摩美術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。現在、東京都を拠点に活動。
生活のなかで不要となったものや壊れた廃棄物などを解体し、それらによって形を作るのではなく空間配置における自然な瞬間を抽出し、インスタレーション、映像、パフォーマンスなど様々な方法で新たな関係性を生み出す制作を続ける。
主な展覧会に、個展「Mantle Plume/イザナミ、ペレの怒り」KAYOKOYUKI(東京/2019)、「所沢ビエンナーレ 引込線2015」旧所沢市立第2学校給食センター(埼玉/2015)、「アーティスト・ファイル2013−現代の作家たち」国立新美術館(東京/2013)、「発信//板橋//2011 けしきをいきる」板橋区立美術館(東京/2011)、「VOCA展2010」上野の森美術館(東京/2010)など。
KAGABU Shiho
Contemporary art, Sculpture
2016, 2 yrs., Milan, Italy
Born 1981, in Kanagawa, Japan. MFA Sculpture, Tama Art University. Live and works in Tokyo, Japan.
Dismantling disused objects, and the broken and discarded ephemera of everyday life, rather than then forming these into other things, Kagabu identifies natural moments in their spatial positioning, and uses installation, video, and performance in a practice that engenders new types of relationship.

Selected Exhibitions:
Solo Exhibition “Mantle Plume -The Anger of Izanami and Pele” KAYOKOYUKI(Tokyo/2019), "Tokorozawa Biennial of Contemporary Art "railroad siding 2015" in Saitama (Saitama, Japan/2015), "Artist File 2013:The NACT Annual Show of Contemporary Art” at The National Art Center, Tokyo (2013), "Signals//Itabashi//2011 Live the landscape" at Itabashi ArtMuseum (Tokyo/2011), "VOCA2010" at The Ueno Royal Museum (Tokyo/2010)
※作家の説明として、表現領域・海外研修派遣年数・派遣国を記載しています。
 Artists: (format category of the work, year selected for the Program, length of study)