ARTISTS

出品作家

志村信裕 Nobuhiro SHIMURA
現代美術

ジャンル 現代美術 派遣年 2015年(2年間)
生年 1982年 派遣国 フランス〈パリ〉

《Nostalgia, Amnesia》2019

Courtesy of Yuka TsurunoGallery
1982年、東京都生まれ。武蔵野美術大学大学院造形研究科映像コース修了。現在、千葉県を拠点に活動。
「光をあてる」をテーマに、映像プロジェクションによるインスタレーションを国内外で多数発表。身近なものを題材にした実写映像を日常風景に重ねあわせることで、見慣れた風景に新たな関係性をつくりだし、光がもたらす記憶や場所性を主題にしてきた。近年では、グローバリズムから隔絶された離島の生活誌を記録するプロジェクトや、美術作品による歴史の記述・読み直しを試みるなどの新たな表現方法にも取り組んでいる。

主な展覧会に、「物の気」(ウォーナンブール美術館、オーストラリア、2018)、「六本木クロッシング2016」(森美術館、東京、2016)、「未見の星座〈コンステレーション〉-つながり/発見のプラクティス」(東京都現代美術館、2015)、「ヴァンジ彫刻庭園美術館コレクション展この星のうえで」(ヴァンジ彫刻庭園美術館、静岡、2013)。