Artists
出品作家

Wanderer 2020
髙木 大地
絵画
2018年度(1年間)・オランダ/ハールレム
1982年、岐阜県生まれ。多摩美術大学大学院美術研究科修士課程修了。現在、神奈川県を拠点に活動。
鳥や木、雨、窓などの身近なモチーフそれぞれの質感を色彩の重なりや様々なテクスチャーの筆致で描き、作家の中で「視る」から「描く」へと移行するときに体現化する世界は独自の幻想性に満ちている。本展では新作を交えて構成する。
主な展覧会に、「髙木大地、ルシア・ビダレス、山下紘加」 タカ・イシイギャラリー(東京/2020)、個展「Intuition」TIME & STYLE (アムステルダム/2019)、個展「aspect」KAYOKOYUKI(東京/2018)、「絵画の在りか」東京オペラシティアートギャラリー(2014)など。
TAKAGI Daichi
Painting
2018, 1 yr., Haarlem, Netherlands
Born 1982, in Gifu, Japan. MFA, Tama Art University. Live and works in Kanagawa, Japan.
As Takagi depicts the respective qualities of familiar motifs such as birds, trees and windows in layers of color and brushstrokes of varying textures, the realm embodied when “seeing” shifts to “drawing” within the artist is suffused with a fantastical quality of remarkable originality. This exhibition will include new work by Takagi.

Selected Exhibitions:
“Daichi Takagi, Lucía Vidales, Hiroka Yamashita”Taka Ishii gallery(Tokyo/2020), Solo exhibition “Intuition” TIME&STYLE Amsterdam(Amsterdam, Netherlands/2019), Solo exhibition “aspect” KAYOKOYUKI(Tokyo/2018), “The Way of Painting” Tokyo Opera City Art Gallery(Tokyo/2014)
※作家の説明として、表現領域・海外研修派遣年数・派遣国を記載しています。
 Artists: (format category of the work, year selected for the Program, length of study)