Artists
出品作家

Prosaic Verse 2012
撮影:髙橋健治
Photo: TAKAHASHI Kenji
竹村 京
現代美術
2004年度(3年間)・ドイツ/ベルリン
1975年、東京都生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻油画修了。現在、群馬県を拠点に活動。
代表作に写真やドローイングの上に刺繍を施した白布を重ねた平面のインスタレーション、壊れた日用品の破損部分を白い絹糸で縫い直した修復シリーズがある。作家にとって「仮に」という状態を作り出すことを意図した刺繍という行為から、様々な記憶やものが再構築され、新たな存在として現れる。
主な展覧会に、「ヨコハマトリエンナーレ2020」横浜美術館(2020)、「長島有里枝×竹村京 まえ と いま」群馬県立近代美術館 (2019)、個展「どの瞬間が一番ワクワクする?」ポーラ美術館 アトリウムギャラリー(神奈川/2018)、「中房総国際芸術祭いちはらアート×ミックス」月出工舎(千葉/2014)など。
TAKEMURA Kei
Contemporary art
2004, 3 yrs., Berlin, Germany
Born 1975, in Tokyo, Japan. MFA Painting, Tokyo University of Art. Live and works in Gunma, Japan.
Takemura’s signature offerings consist of two-dimensional installations in which embroidered white cloth is overlaid on photographs or drawings, and the “renovated” series, in which broken everyday items are mended by sewing the damaged parts together with white silk thread. For this artist, the act of embroidering with the intent of creating a “tentative” state leads to the reconstruction of various memories and objects, which then manifest in new guises.

Selected Exhibitions:
“Yokohama Triennale 2020” Yokohama Museum of Art (Kanagawa, Japan /2020), “Nagashima Yurie x Takemura Kei Now ⇆ Then” The Museum of Modern Art, Gunma(Japan/2019), Solo exhibition “Which Second is the Most Excited?” Pola Museum of Art (Kanagawa, Japan/2018), “Naka-Boso International Art Festival Ichihara Art x Mix” Tsukide Kousya (Chiba, Japan/2014)
cartwheel galaxy(savannah) 2020
撮影:木暮伸也
Photo: KIGURE Shinya
鬼頭 健吾
現代美術
2009年度(2年間)・ドイツ/ベルリン
1977年、愛知県生まれ。京都市立芸術大学大学院美術研究科油画専攻修了。現在、京都芸術大学大学院教授、群馬県を拠点に活動。
大学在学中から作家活動を開始。アーティストによる自主運営スペース「アートスペースdot」(愛知県)を設立、運営に参加。フラフープ、糸、鏡などの日常にありふれた既製品とモーターなどを使った大規模なインスタレーションや、立体、絵画、写真など多様な表現方法を用いた作品を発表している。
主な展覧会・受賞に、個展「Full Lightness」京都市京セラ美術館(2020)、「六本木アートナイト 2018」国立新美術館(東京/2018)、個展「鬼頭健吾 Multiple Star」ハラミュージアムアーク (群馬/2017)、「DOMANI・明日展 PLUS」京都芸術センター(2016)、令和元年度京都市芸術新人賞(2020)など
KITO Kengo
Contemporary art
2009, 2 yrs., Berlin, Germany
Born 1977, in Aichi, Japan. MFA Painting, Kyoto City University of Art. Professor, graduate school, Kyoto University of the Arts. Live and works in Gunma, Japan.
Kito began his career as an artist while still at university, when he was also instrumental in the founding and operation of Art space dot, an artist-run space in Aichi. He employs a plethora of expressive techniques in output that includes large-scale installations constructed from common everyday items such as hula hoops, thread and mirrors, combined with motors; as well as sculptures, paintings, and photographs.

Selected Exhibitions and Awards:
Solo exhibition “Full Lightness” Kyoto City KYOCERA Museum of Art (Kyoto, Japan/2020), “ROPPONGI ART NIGHT” The National Art Center, Tokyo (Japan/2018), Solo exhibition “MULTIPLE STAR I-III” Hara Museum ARC (Gunma, Japan/2017), “DOMANI plus” KYOTO ART CENTER (Kyoto, Japan/2016), City of Kyoto Best Young Artst Award (2020)
※作家の説明として、表現領域・海外研修派遣年数・派遣国を記載しています。
 Artists: (format category of the work, year selected for the Program, length of study)