Event

English follows Japanese

ギャラリートーク

出品作家10名が下記日程により会場内にて自身の作品について語ります。
開催日時
(各30分程度)
11月19日(土)①14:00~ 近藤 聡乃 ②15:00~ 谷中 佑輔
11月20日(日)③14:00~ 池崎 拓也
11月25日(金)④18:00~ 石塚 元太良
12月4日(日)⑤16:00~ 北川 太郎
12月9日(金)⑥18:00~ 黒田 大スケ
12月11日(日)⑦14:00~ 伊藤 誠  ⑧15:00~ 小金沢 健人
12月16日(金)⑨18:00~ 丸山 直文
12月17日(土)⑩14:00~ 大﨑 のぶゆき
会場
企画展示室2E
参加料
無料(但し本展の観覧券が必要)事前申込不要
※日時等は変更になる場合がございます。最新情報は当ホームページをご確認ください。

シンポジウム 「移民の芸術/芸術の移民」

ピカソ、カンディンスキー、モンドリアン、クレー、デュシャンなど、近代美術の歴史は、移民=国外退去者たちの歴史であると言ってよいほどに、膨大な数の芸術家たちが国境を超えてきました。移民性は、芸術を語るうえで、欠かすことのできない視点であったと言えるかもしれません。日本においても、藤田嗣治や国吉康雄の作品は、彼らの「移民」としてのありかたと深く関与しています。既存の制度が機能不全を起こし、国家間の力学的関係・体制が流動的に変わり、あらゆる物事の価値や境界が揺らぐ緊迫した現在の状況は、安住の場、帰るべき場所が失われた、誰もが潜在的な移民でありうる時代であると言えるのかもしれません。本シンポジウムでは、アーティストの移動が、その思考や作品様式に及ぼす影響について、あるいは、芸術における移民性とはなにかについて、本展出品作家を中心に議論を行います。
企画
沢山 遼【美術評論、2021年度(1年研修)・アメリカ(ニューヨーク)】
登壇者
小川 希【アートマネージメント、2021年度(1年研修)・オーストリア(ウィーン)】
池崎拓也ほか、本展出品作家等数名[予定]
※12月以降オンライン配信予定。詳細は追ってご案内いたします。

ドキュメンタリー映画『手でふれてみる世界』上映会&トーク
——DOMANI・明日展 第25回記念事業

『手でふれてみる世界』(2022)
手で世界にふれながら旅をし、多様な文化や芸術と出会ってきた、視覚に障害を持つアルド・グラッシーニとダニエラ・ボッテゴニ夫妻。ふたりの働きかけで1993年、イタリアのマルケ州アンコーナ県に「オメロ触覚美術館」が設立され、1999年にはイタリア議会の承認を受けて、国立の美術館となりました。本作は、近代以前の彫刻のレプリカや現代作家による実物を手でふれて鑑賞できるこの美術館の活動を紹介するドキュメンタリーです。約60分。2022年秋、ヴァンジ彫刻庭園美術館(静岡県長泉町)で初公開ののち、「障害者週間」(12月3日から9日、内閣府による設定)にあわせて、東京での上映会を行います。本映画の岡野晃子監督と、これまでも「ふれる」展示を実践してきた、本展出品作家の北川太郎らによるトークも開催。
日時
2022年12月4日(日)
13:00 受付開始 13:30 上映会 14:30—15:30 トーク
定員
100名 ※事前予約いただいた方は、当日本展を無料でご覧いただけます。
予約については、当ホームページより11月4日(金)から受付開始。
入場料
無料
会場
国立新美術館 3階講堂
主催
文化庁、国立新美術館
協力
ヴァンジ彫刻庭園美術館
登壇者
岡野 晃子 [本映画監督]
小野 正嗣 [小説家、早稲田大学教授]
北川 太郎 [本展出品作家]

鑑賞ワークショップ「ふれてあじわう・ふれてかたる」

障害等にかかわらずさまざまな人々が一緒に楽しめる鑑賞ワークショップを開催。
「触覚」の研究者として著名な渡邊淳司氏(NTT)監修のもと、普段は視覚による美術鑑賞体験を触覚でも共有するワークショップを行います。
日時
2022年12月10日(土)13:00〜15:00
定員
16名程度(中学生以上)
申込方法
事前申込 ※申込方法は、11月以降、当ホームページでご案内します。
参加費
無料 ※但し、本展の観覧券が必要。
会場
国立新美術館 研修室A、Bおよび企画展示室2E
企画監修
渡邊 淳司[NTTコミュニケーション科学基礎研究所]
実施者
小林 桂子 [日本工業大学先進工学部]
ゲスト
黒田 大スケ [本展出品作家]

DOMANI・明日展 2022-23 × 日比谷カレッジ
近藤聡乃、ニューヨークでの創作と暮らし

本との結びつきが深い近藤聡乃がニューヨークでの創作や暮らしについて語ります。
日時
2022年11月25日(金)19:00-20:30 (18:30開場)
定員
200名 ※10月1日(土)より申込受付開始
申込方法
事前申込
※詳細は、千代田区立 日比谷図書文化館ホームページをご覧ください。
参加費
1,000円
会場
日比谷図書文化館 地下1階 日比谷コンベンションホール(東京都千代田区日比谷公園1-4)
主催
千代田区立 日比谷図書文化館
協力
DOMANI・明日展
講師
近藤 聡乃 [本展出品作家]
聞き手
山田 晃子 [太田市美術館・図書館 主任学芸員]
※本情報は9月30日時点での情報であり、今後の新型コロナウイルス等の感染状況により変更の可能性があります。

Gallery talks

Gallery talks by the exhibiting artists will be held at the venue on weekends during the Doman exhibition.
Details to follow

Symposium on "migrant art/art migrants" (title to be finalized)

From Picasso to Kandinsky, Mondrian, Klee, Duchamp, and countless others, so many artists have left their homes for foreign parts that the history of modern art could be described as that of migration and exile. Migrant identity has long been an indispensable viewpoint within art discourse. In the case of Japan, the works of artists like Léonard Tsuguharu Foujita and Yasuo Kuniyoshi were profoundly influenced by their status as immigrants. In these turbulent times, with existing systems and institutions no longer fit for purpose, cross-national relationship dynamics and structures in flux, and the disruption of values and boundaries of all kinds, perhaps we are all potential migrants who have lost our safe place, our place to call home. This symposium will discuss how artists’ ideas and the style of their works are influenced by moving around, and the nature of migrant characteristics in an art context, with a focus on the artists exhibiting at this Domani.

Organized by Sawayama Ryo (Art critic; OSP 2021, one year, New York, USA) *To be posted online in December. Details to follow.

Screening of the documentary film Experiencing the World and talk
A "DOMANI: The Art of Tomorrow" 25th anniverary project

Experiencing the World(2022)
Aldo Grassini and his wife Daniela Bottegoni are a visually-impaired couple who have used their hands to feel their way around the world, encountering a diverse range of culture and art on their travels. The pair were instrumental in the founding of the Museo Omero tactile museum in Ancona, in the Marche region of Italy, in 1993, the museum gaining public status in 1999. This 60-minute documentary showcases the activities of the museum, where replicas of pre-modern sculptures and actual works by contemporary artists can be appreciated by touch. Following its Japanese premiere at the Vangi Sculpture Garden Museum (Nagaizumi, Shizuoka) in the autumn of 2022, the film will be screened in Tokyo during Disability Week (December 3–9). Talks by director Okano Koko, Domani artist Kitagawa Taro, who has also staged “tactile” exhibitions, and others, are also planned.
Date
Sunday, December 4, 2022 (admission free, booking required)
*Time, booking instructions, and other details to follow.
Venue
3F Auditorium, The National Museum Art Center, Tokyo
Organized by
Agency for Cultural Affairs, The National Art Center, Tokyo
In cooperation
of
Vangi Sculpture Garden Museum

*Pre-book for this event and receive free tickets to the
“Domani: The Art of Tomorrow 2022–23” exhibition on the same day.