DOMANI・明日展とは ABOUT

文化庁は、将来の日本の芸術界を支える人材の育成のため、若手芸術家が海外の関係機関等で行う研修を支援する「新進芸術家海外研修制度(在研)」(※1)を1967年度から実施しており、すでに半世紀を経過しました。美術分野では、そうした研修の成果発表の機会として1998年から「DOMANI・明日展」を開始し、今年度で第22回目を迎えます。

今回は、2020年の東京オリンピック・パラリンピック年の冒頭にあたり、国が展開する「日本博2020」(※2)のプログラムに参画する特別版とします。「傷ついた風景の向こうに/ Landscapes in Our Age: Scarred and Reborn」をテーマに、多世代から精選した、国際的に知名度の高い作家から新進作家まで11名によるグループ展としました。2010年前後に海外研修を経験した作家を核としつつ、芸術選奨やメディア芸術祭など文化庁が関わる事業からも招き、20世紀以降、日本が、世界が経験したなんらかの被災──地震や風水害といった天災や、戦争や環境問題のような人為的災いにより生じた「傷痕」について、直後のジャーナリスティックな表象でなく、時間を経て生まれた表現が集まります。作家それぞれの「傷ついた風景」をつなぐことを通じて見える、傷ついても生き残り、再生する風景──「明日」を見据える企画です。会期中、各作家とゲストによるトーク・イベントを開催し、テーマを深めます。

※1 新進芸術家海外研修制度
文化庁は、新進芸術家海外研修制度として美術、音楽、舞踊、演劇、映画、舞台美術等、メディア芸術の各分野における新進芸術家の海外の大学や芸術団体、芸術家等への実践的な研修を行う機会を提供しています。
研修期間は、1年、2年、3年、特別(80日間)、短期(20日~40日)及び高校生(350日)の6種類があり、平成29年度末までに約3,500名が参加しました(昭和42年から平成13年度末までは「芸術家在外研修」事業として実施)。
〇文化庁HP「世界に羽ばたく新進芸術家等の人材育成」:
http://www.bunka.go.jp/seisaku/geijutsubunka/shinshin/


※2 日本博
総合テーマ「日本人と自然」の下に、「美術・文化財」「舞台芸術」「メディア芸術」「生活文化・文芸・音楽」「食文化・自然」「デザイン・ファッション」「共生社会・多文化共生」「被災地復興」などの各分野にわたり、縄文時代から現代まで続く「日本の美」を、2020年を中心としつつ、その前後の期間も含めて幅広く発信し、次世代に伝えることで更なる未来の創生を目指すプロジェクト。
〇日本博公式HP:
https://www.ntj.jac.go.jp/nihonhaku/

開催概要

会期
2020年1月11日(土)~ 2月16日(日)32日間開催
休館日
毎週火曜日(2月11日(火・祝)は開館、12日(水)は休館)
開館時
午前10時~午後6時、毎週金・土曜日は午後8時まで
※入場は閉館の30分前まで
会場
国立新美術館 企画展示室2E
主催
文化庁、国立新美術館
協力
日本航空、アワガミファクトリー、(株)カラーサイエンスラボ、(株)トップアート鎌倉、
タカ・イシイギャラリー、ミヅマアートギャラリー
キュレイター
林 洋子(文化庁芸術文化調査官)
制作
アート・ベンチャー・オフィス ショウ
観覧料(税込)
一般 1,000円(800円)、大学生 500円(300円)
※2020年1 月11日(土)は入場無料
※( )内は前売および20名以上の 団体料金(団体券は国立新美術館でのみ販売)
※高校生、18歳未満の方(学生証または年齢のわかるものが必要)は入場無料
※障害者手帳をご持参の方(付添の方1名含む)は入場無料
※前売券は、当ホームページ、ローソンチケット(Lコード:32559)、イープラスでお求めください。(2019年12月1日(日)から2020年1月10日(金)までの販売。以降は当日券のみの取扱い。手数料がかかる場合があります。)
※国立新美術館で同時開催中の展覧会および公募展のチケット、またはサントリー美術館、森美術館(あとろ割対象)で開催中の展覧会チケット(半券可)を提示された方は団体料金でご覧いただけます。